カテゴリー「07 読書感想文」の2件の記事

2021/08/10

「君と夏が、鉄塔の上」 思った以上に引き込まれました!

タイトルと表紙の感じから勝手に、それいけずっこけ三人組的な話かなと読み始めたのですが、思った以上に引き込まれました。凄いファンタジーなんですね。天気の子くらいハラハラドキドキしました。映像作品も見てみたいです。

 

/* ■Amazonの作品紹介 -------------

君と夏が、鉄塔の上

鉄塔の上に、男の子が座ってる――

鉄塔マニアの地味な伊達(だて)は中学3年生の夏休みをダラダラすごしていた。
しかし登校日の学校で、破天荒な同級生、帆月蒼唯(ほづきあおい)から「鉄塔のうえに男の子が座っている」と声をかけられる。
次の日から幽霊が見えると噂される比奈山(ひなやま)も巻き込み、鉄塔の上に座るという男の子の謎を解き明かそうとするのだが――。

爽やかに描かれるひと夏の青春鉄塔小説!!

-------------------------------------- */

2021/07/25

小坂 流加さんの書籍

最近、通勤時間にAmazon Prime Readingで小説を読んでいます。読み放題なので普段読まないような本を選ぶことが増えました。中でも小坂 流加さんの下記の2冊はドラマを観ているような感じで引き込まれました。

2冊とも恋愛小説ではあるのですが、重い病気と闘いながら生きている姿に励まされます。

 

生きてさえいれば (文芸社文庫NEO) 

 

余命10年 (文芸社文庫NEO) 

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ